ASP.NET

ASP.NETは、Microsoftが開発・提供しているWebアプリケーションフレームワークで、動的なウェブサイトやWebアプリケーションやXML Webサービスの開発や運用を行う。ASP.NETはActive Server Pagesを.NET向けにしたものである。

<ASP.NETの特徴>

ASP.NETは、それまでのWebアプリケーション構築の常識であった、HTMLの知識やHTTP通信の仕組み、ブラウザとサーバー間のデータのやりとりなどを抽象化して、GUIモデルによるアプリケーション開発が行えるようになっている。ページデザインは、以前のASPと同じようにHTMLを直接記述することもできるが、 Visual Studioなどの開発環境を用いることでGUIによるページデザインが行えるようになっている。また、HTTP POSTの仕組みを利用したPostBackと呼ばれる仕組みを使うことによって、イベント駆動型プログラミングを実現している。内部の仕組みは抽象化されているが、実際にはHTMLやHTTP、JavaScriptなど従来のモデルを使用しているため、通常のWebアプリケーションと同様にWebブラウザで表示できるというメリットがある。ただしその反面、WebブラウザやHTTPの制約に考慮して開発することが必要なのは従来通りであるため、Webアプリケーションが分からないプログラマでもWebアプリケーションを開発できるようになる魔法の杖では決してない。

また、ブラウザを認識して最適なHTMLを生成するほか、実行時に前回に実行したものと比べ変更があるときにのみコンパイルをしてキャッシュしておくため、ASPと比べ処理速度が向上している。
ASPはSSIから呼び出すことができるが、ASP.NETは呼び出せない。