CMS

コンテンツマネージメントシステム(CMS:Content Management System)は、テキストや画像などのデジタルコンテンツを統合的に管理し、配信など必要な処理を行うシステムの総称。コンテンツ管理システムとも呼ばれる。

概要

ウェブサイト、ポータルサイトの構築、管理によく使用される。ウェブページを作成し、運用するには、 HTMLファイルや、それを保存するディレクトリについての知識が必要だった。コンテンツマネージメントシステムでは、技術的な知識がなくても、テキストや、画像等の「コンテンツ」を用意できれば、ウェブによる情報発信をおこなえるように工夫されている。また、テンプレートにより全体のデザインを容易に変更することができるなど、省力化にも役立つ。

コンテンツマネージメントシステムは、汎用的なものから特定の目的に特化したものまで様々であり、規模もまちまちである。大規模なコンテンツマネージメントシステムでは、ページごとの公開期間の厳密な時間管理や、公開を承認するワークフロー、サイト内リンク切れの防止、デザインの統一、バージョン管理など様々な機能があり、品質を維持しつつ多人数での共同作業を効率よく行うことを可能にしている。個人向けコンテンツマネージメントシステムとしては、各種Weblogツールが挙げられる。ブログツールでは、ページの自動生成や公開日指定、トラックバックなどの機能が用意されている。Wikipediaで使用されるウィキや、SNS、Commerceもコンテンツマネージメントシステムの一つである。

モジュールまたはプラグインを追加してシステムを拡張できるCMSも多い。

多くのCMSが、オープンソースとしてGPLを適用して提供されるようになった。

最近では携帯向けコンテンツ管理システム(CMS)も多く出てきており、ますます市場拡大をしている。