ワダックス

ワダックスの概要

ワダックス
レンタルサーバーのワダックスは、共用レンタルサーバーのサービスプランも充実しております。安心、多機能、BLOG無料のサービス満載。ニーズに合わせて選べるプランもございます。(HPより)
ワダックス(WADAX)は、大阪府大阪市中央区に本社を置く、レンタルサーバー(ホスティングサービス)事業を行う企業である。 沿革 ・1998年10月01日 - 個人事業者としてWADAXを設立。 ・2003年7月 - 有限会社ワダックスを設立。 ・2004年1月 - 株式会社ワダックスに商号変更。 ・2004年12月 - セコムトラストネット(現セコムトラストシステムズ)との業務提携により、法人向け高セキュリティレンタルサーバーサービスを各種開始。 ・ 2005年6月 - 個人向け格安レンタルサーバーサービス「@WAPPY レンタルサーバー」をサービス開始。 ・2005年11月 - 法人向け高セキュリティ共用サーバサービス「@Next Style レンタルサーバー」をサービス開始。 ・2006年08月 - 米国レッドハット (Red Hat,Inc) と業務提携し、アドバンスド・ホスティング・パートナーとなる。国内でも数社。関西第一号。 ・2006年10月 - 株式会社ホライズン・デジタル・エンタープライズ社(現HDE)とホスティングサービス分野で業務提携。 ・2007年02月 - 財団法人日本情報処理開発協会 (JIPDEC) より認定を受け、 プライバシーマークを取得。 * 2007年11月 - 株式会社トランスウエアと業務提携。 * 2008年03月 - 株式会社ロックオンと業務提携。 * 2008年09月 - 98%以上の迷惑メール(スパムメール)を除去する、アンチスパムフィルターを全サービスに導入。
出典:Wikipediaワダックスの改定履歴
■管理人のコメント
管理人はこのサーバも利用している。機能的にはメールアカウント無制限、CGI、PHP等利用可、容量10G~と問題なし。ここまではどこでも今は当たり前の話だが、さらにメーリングリスト、cronが使える。サーバの応答速度、稼働率、信頼性を考えると月額2000円以下のサーバではベストな選択肢に入ると思う。
悪い点としては、複数ドメインでの複数サイト運用ができないこと。これはサーバ負荷を高める諸刃の剣となり得るので、1ドメインしか使わないのであればメリットになるだろう。 コントロールパネルは使いづらい。一昔前の不親切なコントロールパネルといった感じ。機能に問題があるわけではない。
※管理人のコメントは主観に基づくもので、内容の保証はできません。責任は負えませんのでご了承ください。

プラン一覧

ワダックスの共用サーバープラン一覧です。

レンタルサーバー・
サービス名
初期
費用
月次
費用
ディスク
容量
(GB)
メール CGI DB サーバ
メール
ウイルス
駆除
スパム
フィルタ
ML Perl PHP Ruby Python MySQL Postgre
SQL
cron 複数
ドメイン
転送量
制限
(GB/月)
ワダックス
スタンダード・ブロンズ
3,000円 1,995円 20 無制限 × × 無制限
ワダックス
スタンダード・シルバー
3,000円 2,833円 40 無制限 × × 無制限
ワダックス
スタンダード・ゴールド
3,000円 3,833円 60 無制限 × × 無制限
ワダックス
スタンダード・プラチナ
3,000円 4,637円 80 無制限 × × 無制限

次の15件

月次費用:12ヶ月払いで申し込んだ場合の、1ヶ月あたりの料金 ディスク容量:GB単位。1GB=1000MBで計算。 スパムフィルタ:自動的に迷惑メールを排除する機能。条件設定のみ対応の場合は当てはまらない。
cron:定期的に任意のコマンドを実行する機能
複数ドメイン:複数ドメインを利用して、複数のサイトを1つのアカウントで管理できる機能
転送量制限:GB/月単位。サイトのデータ転送量の制限値。無制限だが、目安として公開されている場合も記載。 ○:標準対応/△:オプションサービス/×:非対応/-:不明・非掲載 記載内容は保証できませんので、必ずお確かめの上、お申込ください。

詳細・お申し込み

ワダックスのニュース

※自動的に取得しているため、関係のない記事が表示される場合があります。

  • ニュースはありません。

(Powered by Google Ajax Search)